結婚指輪の人気デザインランキング!

結婚指輪の選び方のノウハウ

結婚する二人の永遠の愛の証として、互いの指に通す結婚指輪は、指輪の交換をしたその瞬間から、二人の手元をやさしく照らしてくれます。これから始まる二人の結婚生活と共に過ごすため、こだわりを大切にしたいものです。二人の好みにあった理想の結婚指輪の選び方は簡単ではないですが、人気デザインランキングを見てみるのがいいと思います。デザインといっても、色々あって、シェイプ、素材、リング幅、ライン、仕上げなど選び方があります。そのなかで、ダイヤモンドの模様については、結婚指輪に好みのパターンでダイヤモンドをセッティングしたり、彫刻を施すことが出来ます。長く身につける結婚指輪だからこそ、思いを込めるほどに愛着がわくものです。結婚指輪にセッティングされるダイヤモンドは小さいながらもこぼれるような煌きを放ち、彫刻を施すことでオリジナルな結婚指輪に仕上げることが出来ます。

指輪交換の深い持つ意味

指輪交換の持つ深い意味は、指輪の切れ目のない円形が永遠を象徴するものと言われています。また、巡る四季や月の満ち欠けなどの繰り返す自然を表すともいわれています。そんな指輪を二人で交換することで、お互いがお互いを愛し慈しむという結婚の誓いを目に見える形にし、永遠の証とするというのが指輪交換の最も大きな意味です。 左手の薬指にはめるのは、かつては左手の薬指の血管は心臓に直結していると信じられていて、お互いの左薬指に結婚指輪をはめることは、ふたりが永遠に結ばれることを意味するのです。このため、左手の薬指に指輪をはめると、愛や絆が深まるとも言われています。二人を祝福する人々の前で高らかに愛を宣言する時、結婚指輪はかけがえのない証としてふたりの指に輝き、思わず感動を覚え、それが宝物となるのです。

ブライダルリングとは結婚指輪のことで、結婚した夫婦が指にはめる指輪のことです。指輪は、左手の薬指にはめるのが一般的です。