一般的な結婚指輪の買い方は?

結婚指輪って、いつ頃買えばいい?

無事プロポーズが成功し婚約指輪を購入したその後は、両家顔合わせや結婚式場探しに、新婚旅行や引っ越しの準備と立て続けにやるべきことが降ってくることでしょう。その中で、つい後回しにしてしまいがちなのが、結婚指輪(マリッジリング)だったりします。しかし、結婚式の中で最も重要な儀式と言える指輪交換に間に合わない、なんてことにならないよう早め早めに準備しておくことをおすすめします。 平均では、結婚式の半年前程度に購入するカップルが多いようです。結婚指輪は、夫婦どちらも気に入って長く身につけられるデザインを選ぶ必要があること、ほとんどがオーダーまたはセミオーダーとなるので、仕上がりまでに1~2カ月かかることを考慮する必要があり、このようなタイミングとなっているようです。

デザインは夫婦でお揃いにするべき?

結婚指輪は婚約指輪と違ってシンプルだし、そんなに迷う必要はないのでは、とお思いの方も多いかもしれません。でも実は、シンプルだからこそ選ぶのが大変だったりするのです。最もポピュラーな飾りのついていない真っ直ぐなタイプから、ウェーブの形をしたもの、プラチナ以外の素材を含めたもの、ダイヤを埋め込んだもの、幅広のもの、などがあります。それを夫婦でペアで探すのですから、お互いが良い!と思えるものに出会えるまで、探すのにも時間もかかることでしょう。デザインは、必ずしも統一しなければならないということはありません。片方にのみダイヤを入れたり、幅の太さを変えたり、共通点を残しつつ、それぞれが気に入るようなデザインになるように作る夫婦も多いようです。

結婚指輪を大阪の宝石店で購入するなら、手頃な価格のものもあります。さらに大きな駅から近くて、移動が便利な宝石店もあります。